ベトナム中部の森と町、人々の暮らしを学び、
共に考え活動する

ベトナムの経済は発展は著しく、地域格差、経済的貧富の格差、貧困の固定化が課題となっています。ベトナム中部は、首都ハノイ市のある北部や省都ホーチミン市のある南部と比較した時に貧しい地域の1つとされています。風人土学舎では、ベトナム中部トゥアティエン・フエ省の省都フエ市の貧困地区での教育環境改善活動を現地の人々と共に行っています。そして、風人土学舎のメンバーが2006年から生計向上支援活動や研究を行ってきた山岳少数民族集落での活動と研究を継続していく予定です。

☆☆活動報告☆☆
☆教育環境改善プロジェクト☆

●2020年07月05日 【活動報告】教育環境改善活動の報告(「ミツロウキャンドル」からの寄付の使い道②を含む)(ベトナム・フエ市)

●2020年06月11日 【活動報告】「ミツロウキャンドルで照らそう 子どもたちの未来」の使い道①(ベトナム・フエ市)