Team Hue~ベトナム・フエから高校生が発信します~⑤

Team Hueは、風人土(かぜひとつち)学舎の日本事務局・高木とベトナム事務局・ティエンさん、活動に関わる仲間たちで作っているグループです。6月18日の記事に続き、私たちがフエ市で行っている学習支援教室に通う高校生が紹介したい暮らしに関わることです。今回は、伝えたいことが決まっているけれどうまく写真を撮ることが出来なかったということなので、写真ギャラリーに公開している写真を使いたいと思います。

今回は、こちらの写真。

フエ市第一中央市場周辺、フエ市・ベトナム

キャプション「フエ市フーハウ地区にある第一中央市場の外の様子です。市場は大きくて様々な品物があります。しかし、市場に入ることが出来ず道端で果物や野菜を売る地元の人たちがいます。みんながちゃんと市場に場所を借りて安定した商売が出来るようになって欲しいです。」

少し説明を加えたいと思います。第一中央市場の場内で野菜や品物を売ろうと思うと場所代が必要になります。屋内や屋外、場所の広さによって場所代は異なっています。一人では場所代を支払えない人たちはグループを組んで場所を借りているケースもあります。それも難しいということになると市場の外の道端で商売をすることになります。写真は朝の市場の前を走る幹線道路の様子です。手間に写っているバナナは少し郊外の農家の庭で採れたものだと思われます。お花は市場で仕入れてきたものを売っています。

この道端で商売をするにも月に数千円のお金を人民委員会(日本的に言うと、ここでは区役所)に支払い許可を得る必要があります。人員委員会に支払われたお金の何割かは衛生環境を守るために使われます。写真の向かって左端に緑色の大きなゴミ箱があるのがわかると思います。こういった備品の配置や商売をする人がいなくなった後の清掃活動費に充てられたり、簡易トイレを設置して商売する人が使えようにしている場合もあります。

もう1つ、この写真でベトナムらしいなと思うことがあります。バイクに乗ったままで品定めをしている女性が写っています。第一中央市場は卸売市場なので、市内の他の市場よりも安くで品物が手に入ります。しかし、場内に入るにはバイクを駐車する必要もあるし面倒です。なので、道端で売られるもので納得いくものがあれば買ってしまおうというわけです。

私はベトナムの市場の活気が大好きです。このキャプションを書いてくれた高校生と同じように、一人でも多くの人が安定した商売が出来るようになってくれればと願っています。

フエにある市場の様子を写した写真は、写真ギャラリーの「☆ベトナム③(トゥアティエン・フエ省・フエ市にある市場と市場の周辺)」にまとめて公開してありますので、ご関心のある方は是非、そちらもご覧ください。

投稿者プロフィール

Team Hue
Team Hue
チーム フエは、ベトナム中部のフエ市在住歴約6年の高木佳子とフエ市生まれのフィン・ティ・トゥイ・ティエン、そしてフエで暮らす高校生や大学生たちで構成されています。フエ市のことやベトナム人の暮らしの様子を写真や動画を添えて発信していきます。ご質問や「こんなことが知りたい!」というリクエストも受け付けております。