Team Hue~2020年10月10日フエ市内・洪水の様子~

台風14号での被害が少なくて済むことを祈っている状況の日本ですが、私たちの活動地であるベトナム中部・トゥアティエン・フエ省は、現在洪水に襲われています。ナショナル・スタッフのティエンさんが送ってきてくれた写真ではこんな感じになっています。

 

洪水の様子、フエ市

 

この水で覆われている部分は、道路です。写真の真ん中で二人の人が小さな舟を押しながら道を歩いている様子がわかります。フエは水力発電用のダムが稼働するまでかなりの頻度で洪水が発生していた場所で、こういったボートを置いている家が少なくありません。ボートは人の移動にも使われますし、大切なものを安全な場所に運ぶのにも使われます。

 

洪水の様子、フエ市

 

バイクで動ける間は、みんな逞しくバイクで移動します。エンジンが動かなくなったり、タイヤが浮いてきたり、水で見えない道路に穴が空いていて転倒したりと危ないのですが、動ける間はバイクで動く人が多いです。写真の左側は田んぼなのですが、すっかり水に浸かってしまっています。

経済が発展して移動手段が自転車からバイク、バイクから車の時代を迎えています。車を持っている人たちが取っている行動が、下の写真です。

 

洪水の様子、フエ市

 

これは、フエ市の中央を流れるフォーン河支流にかかるタンロン橋(越語:Cầu Thanh Long)の様子です。車を持っている人たちが、車が水に浸からないように橋に駐車させています。橋も水に浸かってしまう時があるので、これが安全かどうかはわかりません。私がフエで暮らしてはじめた10数年前は、まだ個人で車を持っている人が少なく、洪水の前になると山の方に車を駐車して行っていました。

これらの写真は、今日の午後にティエンさんが送ってきてくれたものです。その際に、水力発電ダムの放水が予定されていることと、3日分の食料を確保して家にいるように地方政府が通達を出していると聞きました。すでに洪水になっている状況でのダムの放水なので心配です。

こんな洪水に頻繁に襲われていた時代が長いフエの人たちは、不安になりながらも対処の仕方を知っているので大丈夫だと思いますが・・。また、続報が入ればご報告します。

☆☆この記事の写真を含む著作権は、すべて風人土学舎にあります。連絡なき転用・転載は固くお断りいたします☆☆

フエの洪水のことは、別の記事「フエ市の洪水の様子~2007年撮影の写真を使って~(ベトナム・フエ市」(2020年07月13日)も併せてお読みください。

投稿者プロフィール

Team Hue
Team Hue
チーム フエは、ベトナム中部のフエ市在住歴約6年の高木佳子とフエ市生まれのフィン・ティ・トゥイ・ティエン、そしてフエで暮らす高校生や大学生たちで構成されています。フエ市のことやベトナム人の暮らしの様子を写真や動画を添えて発信していきます。ご質問や「こんなことが知りたい!」というリクエストも受け付けております。